夜間頻尿で睡眠障害、対策方法は?

夜間頻尿とは
夜眠ったあとに、トイレに行きたくて何度も起きてしまうことはありませんか?夜間頻尿とは睡眠後、排尿のために1回以上トイレに行くことです。夜間頻尿とは加齢によって引き起こされる症状でもあり、睡眠障害、十分な睡眠を妨げてしまうため、日常生活にも大きな影響を与えてしまうといわれています。夜間頻尿では慢性的な睡眠不足を引き起こしてしまい、睡眠不足は心身へのリスクも高まるため、悩みがある場合には、一度泌尿器科で専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

睡眠障害という健康被害も
就寝後に用を足したくなる夜間頻尿の健康被害は、十分に睡眠がとれないことです。症状が続けば睡眠不足も慢性化してしまい、心身に悪影響を与えてしまいます。慢性的な睡眠不足は、場合によっては日常生活に支障が出てしまうこともあるほど、集中力や記憶力、精神などに影響を与え、代謝機能の低下によって肥満や高血圧などを引き起こしやすくなってしまいます。そのため、夜間頻尿に悩んでいるならば、健康被害が出てしまう前に何らかの対策をしたほうがいいでしょう。
対策方法はいかに
夜間頻尿の対策方法には自宅でできる方法もあるので、日常生活に取り入れて改善することができるといわれています。夜間頻尿の対策方法の中でも、とくに積極的に行いたいのは、身体を冷やさないように気をつけることです。身体が冷えると副交感神経が刺激されて膀胱が活発に動き、夜間頻尿を引き起こしてしまうからです。就寝前に水分を摂取するときは、冷たいものではなく白湯などの温かいものを飲み、お腹や足元などを温かくするように心がけましょう。また、日常生活でも、日中はトイレの間隔をあけるトレーニングなどを行うことも頻尿を改善していくのには効果的な対策方法です。
夜間頻尿の原因によって治療方法も変わるので、専門家に相談するのが一番早いのではないでしょうか。治療には、行動療法、薬物療法、食事療法、電気刺激療法、手術療法がありますが、行動療法や食事療法は自宅でも行うことができます。