睡眠障害の原因について

不眠による睡眠障害を起こす原因は、人によって様々ですが、治療や対処法が全く同じです。

以下は代表的な不眠の症状:

1.入眠障害:寝つきが悪く、30分以上経ってもねむきがないです。

2.中途覚醒:途中で目が覚めて、なかなか寝付けません。

3.早朝覚醒 :朝早く目が覚めてしまいます。

4.熟眠感欠如:ぐっすり眠れません。

原因によって生活習慣を見直すだけで大丈夫な場合や、医師による治療が必要になる場合もあるなど、

対処法も違います。ここでは睡眠障害を引き起こす原因をご紹介します。

1.心理原因:何らかのストレスに関連して起こる不眠。

特に眠れなくなった前後の出来事を明らかになってくることがあります。

2.身体原因:身体の病気や症状が原因で起こる不眠。

身体的な病気や症状を治療することで、改善されることがあります。

3.精神医学原因

精神や神経の病気には、不眠を伴うことが多いです。なかでも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。

4.薬理学原因

服用している薬や、アルコール、カフェイン、ニコチンなどが原因で起こる不眠があります。

服用している薬、酒、喫煙、カフェイン摂取の習慣がないかを確認してください

5.生理学原因

たとえば、海外旅行や出張による時差、受験勉強や職場の勤務シフトなどによる生活リズムの昼夜逆転など、

ライフスタイルが大きく変わると、眠ろうとする機能が低下し、眠る機会が妨げられることがあります。